電子コミックのekubostore [エクボストア]

「演歌の達」絶賛配信中!

お得に読むならポイントコースがおすすめです

演歌の達

著者名
演歌の達

9巻完結

コミックを購入/お気に入り登録するには会員登録(無料)またはログインが必要となります。

演歌の達のあらすじ

▼第1話/夢の途中▼第2話/夜のプラットフォーム▼第3話/時のいたずら▼第4話/逢いたくて逢いたくて▼第5話/約束▼第6話/木枯らしに抱かれて▼第7話/SOS▼第8話/ひとり唄▼第9話/涙から明日へ ●登場人物/越川 逹(テイトウレコードに勤務するAD。演歌をこよなく愛する熱血漢)、牧比呂美(テイトウレコードの敏腕ディレクター)、水原紬(アマチュア・バンド「TRICK・SRACK」の女性ボーカル) ●あらすじ/演歌をこよなく愛し、“演歌の逹“と言われる日を夢見て大手レコード会社「テイトウレコード」に就職した越川逹は、一年半の営業部勤務の後、念願の制作部への異動の内示を受けて大喜び。その夜。逹は新宿で偶然、知り合いの若手歌手・宮内さやかに出会う。彼女は、逹が初めて店頭キャンペーンを担当した演歌歌手で、その成長を楽しみにしていた歌い手だった。しかし、逹はその宮内さやかから、歌手をやめて故郷に帰る決心をしたということを告げられる……(第一話) ▼逹の異動先は、希望していた“演歌の“「第一制作部」ではなく、“ロックな“「第二制作部」であったが、宮内さやかが言った「歌にはジャンルなんてない」という言葉を胸に秘めて張り切って出社する。出社後、逹は自分の上司が女性ということを初めて知って、面食らう。しかし、その上司・牧比呂美は他社から引き抜かれた敏腕プロデューサーで、今や「テイトウレコード」の二枚看板ともいわれるかなりのやり手だった。逹は早速この上司に連れられて、あるアマチュア・バンドのライブを見に行くの セが……(第2話) 他全9話 ●その他の登場キャラクター/香坂美春(逹が大ファンの人気演歌歌手)、宮内さやか(逹が入社後に初めて店頭キャンペーンを担当した演歌歌手)、三宅部長(テイトウレコード「第二制作部」の担当部長)、西岡淋子(「第二制作部」のバイト)、沢井誠(牧比呂美と知り合いのサウンドプロデューサー)、堂島志乃(牧比呂美と古くからの友人)

配信中の巻一覧

  1. 演歌の達 1巻
    1巻
    価格: 540円(税込)
    閲覧期限: なし
  2. 演歌の達 2巻
    2巻
    価格: 540円(税込)
    閲覧期限: なし
  3. 演歌の達 3巻
    3巻
    価格: 540円(税込)
    閲覧期限: なし
  4. 演歌の達 4巻
    4巻
    価格: 540円(税込)
    閲覧期限: なし
  5. 演歌の達 5巻
    5巻
    価格: 540円(税込)
    閲覧期限: なし

演歌の達の詳細

ご利用案内