電子コミックのekubostore [エクボストア]

電子コミックのekubostore【エクボストア】へようこそ

浅野いにおのコミック一覧【50音順】

浅野いにおのコミック一覧

10
  • おやすみプンプン

    価格:540円(税込)

    著者: 浅野いにお

    青年コミック

    ▼第1話~第12話●主な登場人物/プンプン(小学5年生。どこにでもありそうな或る街に住んでいる、どこにでもいそうな或る少年)、田中愛子(練馬から転校してきた女の子)、雄一おじさん(大船に住んでいたが、事情によりプンプンと暮らすことになる)●あらすじ/ある日のこと、プンプンは...
  • 週刊ビッグコミックスピリッツ

    価格:340~360円(税込)

    著者: 高橋のぼる 、三田紀房 、他

    青年コミック |雑誌

    5号連続「乃木坂46」グループグラビア第1弾!「橋本奈々未」●映画重大発表も! 新展開巻頭カラー『アイアムアヒーロー』花沢健吾●二人で一つ!の巻中カラー『シェアバディ』吉田貴司+高良百●単行本1集発売記念カラー『しあわせアフロ田中』のりつけ雅春●『デッドデッドデーモンズデデ...
  • 素晴らしい世界

    価格:540円(税込)

    著者: 浅野いにお

    少年コミック

    あてもなく大学を中退してしまったバンドの女性ボーカリスト、ひどいいじめを受けている小学生の女の子とカラスの姿をした死に神、組の金に手をつけて逃走中の暴力団員と女子高生、バンドをやめて普通のサラリーマンになった青年…。心に不安や不満を抱えながらも、いつか素晴らしい世界にたどり...
  • 世界の終わりと夜明け前

    価格:540円(税込)

    著者: 浅野いにお

    青年コミック

    ▼無題▼夜明け前▼アルファルファ▼日曜、午後、六時半。(夏の思い出/ア ガール イン ブリリアント ワールド オブ ア ボーイズ デイドリーム/帰宅)▼超妄想A子の日常と憂鬱▼休日の過ごし方▼17▼素晴らしい世界▼東京▼世界の終わり▼時空大戦スネークマン●あらすじ/彼女との...
  • ソラニン

    価格:540円(税込)

    著者: 浅野いにお

    青年コミック

    ▼第1話~第14話●主な登場人物/井上芽衣子(東京での社会人2年目にして会社を辞めた23歳。秋田出身。種田と同棲中)、種田成男(デザイン事務所で働くフリーター。福岡出身。学生時代の軽音仲間と趣味でバンドを組んでいる)●あらすじ/大学を卒業して1年が過ぎ、OA機器メーカーのO...
  • ソラニン新装版

    価格:1620円(税込)

    著者: 浅野いにお

    青年コミック

    この限りなく不透明なイマをを生きる、僕らの青春狂想曲――社会人2年目、種田と芽衣子の楽しくもせつない、小さな恋の物語――性別・世代を越えて確かな共感と感動を呼ぶ、超話題作!!(2005年12月5日 発売 YSC「ソラニン」第1集 内容紹介コメント)あれから12年。累計90万...
  • デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション

    価格:648円(税込)

    著者: 浅野いにお

    青年コミック

    3年前の8月31日。 突如 『侵略者』の巨大な『母艦』が東京へ舞い降り、 この世界は終わりを迎えるかにみえた―― その後、絶望は日常へと溶け込んでゆき、 大きな円盤が空に浮かぶ世界は 今日も変わらず廻り続ける。 小山門出(こやまかどで)、 中川凰蘭(なかがわおうらん)、...
  • ひかりのまち

    価格:540円(税込)

    著者: 浅野いにお

    少年コミック

    駆け出しの漫画家・野津は、自分の描く漫画に行き詰まりを感じていた。そして、締切が迫っているにも関わらず、学生時代の友人たち(全員フリーター)とついつい夜遊びしてしまう始末。そんなある日、野津は、彼女のさよちゃんと一緒に“ひかりのまち“と呼ばれる新興住宅地へ取材に訪れるが…。...
  • ビッグコミックスペリオール

    価格:350円(税込)

    著者: 末松正博 、石川優吾 、他

    青年コミック |雑誌

    ●巨匠ゆうきまさみ、幻のデビュー作のサンダーボルトver.が登場!! 特別読切『ざ・ライバル サンダーボルト』ゆうきまさみ●30年の時を超えて電子版だけにオリジナル版を特別収録『ざ・ライバル』ゆうきまさみ●『機動戦士ガンダム サンダーボルト』太田垣康男+矢立肇+富野由悠季●...
  • 零落

    価格:972円(税込)

    著者: 浅野いにお

    青年コミック

    浅野いにお、衝撃の新境地へ--ある漫画家の、脇目もふらず駆け抜けてきた連載が終わった。久しぶりに立ち止まった自分に残されていたものは、残酷なまでの“空虚感”だった。大切な存在ほど信じ切れず、束の間の繋がりだけに縋り始める日々―――漂流する魂が着地した時、男の本当の姿が現れる...

ご利用案内